明治安田生命

sitetitle.svg
NEWS

明治安田生命の取組み

資産運用の高度化

contentsImage

効果的な資産配分および投融資による
利差益の維持・向上

財務健全性と収益力のいっそうの向上を目的として、サープラス・マネジメント型ALMを推進しつつ、安定的な収益を確保しうるポートフォリオの構築に取り組んでいます。
2021年度については、コロナ禍の不安定な環境下においても、安定的な収益の確保を実現することができました。

※経済価値(市場価額あるいは将来キャッシュ・フロー等による市場整合的な価額)で評価した資産価値と負債価値の差額であるサープラスを資本概念として捉え、その変動リスクをコントロールする資産負債の総合的な管理のこと

資産配分の状況
資産配分の状況 資産配分の状況
利差の推移
利差の推移 利差の推移

資産運用手法のさらなる
高度化・多様化を通じた収益力の向上

高い健全性の確保を前提として、個別資産の運用力強化および資産運用手法のさらなる高度化、多様化を通じた収益力の強化を進めています。
また、機関投資家として、持続可能な社会の実現、経済・企業の発展に資するESG投融資(※)を積極的に推進しています。
これらの取り組みを支えるための資産運用プラットフォームとして、米国の資産運用拠点の態勢強化に加え、IT・デジタルを活用した業務プロセスの見直しや、資産運用専門人財の育成にも取り組んでいます。
※ESG:Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字を取ったもの