明治安田生命

sitetitle.svg
NEWS

明治安田生命の取組み

相互会社運営とガバナンスの高度化

contentsImage

相互会社とは

保険会社の会社形態には「株式会社」と「相互会社」があり、当社は保険業法に基づいて設立された「相互会社」です。
相互会社とは、ご契約者を会社の構成員「社員」とする社団法人です。そのため、ご契約者お一人おひとりが会社の運営に参画することで、中長期的な視点に立って、ご契約者の意思を反映することができる会社形態です。
当社は、相互扶助の精神のもと、相互会社としてお客さまそして地域社会を支えてきました。これからも、お客さまそして地域社会を大切にする会社に徹し、いつまでも変わらない安心をお届けしてまいります。

※ここで示しているものは、配当のお支払いのイメージであり、金額の多寡や有利不利を示したものではありません

相互会社制度運営の仕組み

当社は「総代会」を中心に、「総代候補者選考委員会」「評議員会」「お客さま懇談会」の各機関が連携し「相互会社制度運営」の充実を図ることで、ご契約者のみなさまのご意見・ご要望がより経営に反映されるよう努めています。

※剰余金の分配のない保険のみにご加入のご契約者は社員には含まれません

コーポレートガバナンスの高度化

当社は、お客さまの生涯にわたる保障を提供する生命保険会社の使命と、契約期間が超長期にわたるという生命保険契約の特性をふまえつつ、相互会社としてコーポレートガバナンスの高度化に取り組むことを経営上の最重要事項としています。
具体的には、総代立候補制度の導入、指名委員会設置会社への移行、取締役の過半数を社外取締役とするとともに、執行役を兼務しない取締役会長とすることにより経営の監督機能と執行機能の分離を明確化する等、コーポレートガバナンスの高度化を図ってきました。
さらに、監査委員会の傘下に監査部を設置することで、監査部の経営からの独立性を強め、監査委員会が監査テーマを設定する等、監査部に直接指示する態勢を構築しています。

※当社のコーポレートガバナンス態勢およびその高度化への取組みの詳細については、当社公式HPで公表している「コーポレートガバナンスに関する報告書」をご覧ください

ERM・リスク管理の強化

成長戦略を支えていくためには、資本規制・会計基準などをめぐる国際的な動向をふまえつつ、自己資本の充実と効率的な活用、経済環境が極度に悪化した場合でも保険金等の確実なお支払いを可能とする財務基盤の維持・向上を図っていく必要があります。
そうしたなか、経営上のさまざまな視点をふまえつつ、「健全性」を確保し「成長性」「収益性」とのバランスを取りながら安定的な収益の確保と企業価値の向上を実現することを目的として、ERM(Enterprise Risk Management、統合的リスク管理)の高度化を推進しています。
この枠組みのもと、自己資本等の安定性確保と充実にかかる施策の推進やリスク削減に継続的に取り組み、リスク耐久力のさらなる向上を図っています。

業界トップクラスの健全性
ソルベンシーマージン比率 ソルベンシーマージン比率
ソルベーシンマージン比率とは ソルベーシンマージン比率とは

株価の暴落など通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかを判断するための行政監督上の指標の一つです。この数値が200%を下回った場合は、監督当局による業務改善命令等の対象となります。