総合コース|SUMMER
一昨年度実施いたしました「MEIJIYASUDA インターンシップ 2019【SUMMER】」について、
写真とともにご紹介します。

写真レポート

「業務体験プログラム」を通じて、明治安田生命を体感いただく当社のインターンシップ。
その様子を写真とともにご紹介します。

「業務体験プログラム」は、“体験ワーク”“職員インタビュー”“オフィスツアー”の3つで構成。
グループを編成し、2つの部署のプログラムに参加します。
インターンシップ事務局からのガイダンスの後は、“体験ワーク”からスタートします。

明治安田生命を象徴する本社部署のうち、2つの部署を業務体験

インターンシップで「業務体験プログラム」を行なう本社部署は12部署。
このなかからグループを編成して2つの部署のプログラムに参加いただきました。

  • 運用企画部
  • 保険金部
  • 営業企画部
  • 営業人事部
  • 法人営業企画部
  • 商品部
  • 海外事業推進部
  • ブランド戦略部
  • 情報システム部
  • 企画部
  • 「お客さまの声」統括部
  • 法務部

※開催地区によって異なります
※本社部署は2020年3月時点となります

POINT
“体験ワーク”を通じて、各部署の実際の業務を体感

営業企画部では「明治安田生命Jリーグ」を活用した取組みの検討、商品部では「新しい形の生命保険商品の開発」、ブランド戦略部では「企業イメージの浸透・定着に向けたプロモーション策の企画・立案」など、“体験ワーク”の内容は各部署さまざま。設定された課題の解決に向けて、みなさんで検討していただきます。

はじめに、各部署の職員が業務内容や役割についてレクチャーします。その後に“体験ワーク”の具体的内容と課題が発表されます。

POINT
資料や情報を活用し、グループで協力

手元には、グループ討議に必要となる資料が多数用意されます。
与えられた情報や知識をもとに、どのようにアイデアと融合させていくかがポイントです。

“体験ワーク”では、個々の意見をもとに、全員の考えをまとめ、一つのこたえを導き出すことが重要となります。参加者たちが懸命に意見を交わす姿が印象的でした。

最後は、参加者たちが考えた企画に対して、職員がアドバイス。実際の経験に基づいた的確なアドバイスに、参加者たちはビジネスの厳しさと楽しさを感じていました。

POINT
オフィスツアーで、職員と触れあう

インタビュー形式で、実際に働いている職員と直接コミュニケーションを取ることができるのが、“オフィスツアー”のポイント。職場の雰囲気を感じていただくとともに、仕事のやりがいや魅力など、職員の生の声を通じて、「明治安田生命で働くこと」について理解を深めていただきました。

こちらは、“オフィスツアー”の様子。職員が実際に働いているフロアの見学に加え、そこで働く職員のみなさんにインタビューするプログラムもありました。職員のみなさんの生の声に、参加者たちは真剣に耳を傾けていました。

POINT
最終日に、「業務体験プログラム」で学んだことを発表

単なる座学にとどまらず、参加した経験や成果を、最終日にプレゼンテーションという形でアウトプットすることが、このインターンシップのゴール。最終日には、各部署の業務内容や役割をテーマに、5日間のプログラムで学んだことをグループごとに発表していただきました。

与えられた時間内で、グループごとにプレゼンテーション。最優秀グループは最後に表彰されました。

※一昨年の実施内容です。今年の実施内容と異なる場合がございます

参加した学生の声

  • 実際の業務に近い体験することができた点がとても良かったです。参加する前は講義中心の形式をイメージしていましたが、実践形式の体験であっという間に時間が過ぎました。
  • “ES(従業員満足)なくしてCS(お客さま満足)なし”という考え方に、とても感銘を受けました。人を大切にしているということを、インターンシップを通じて実感し、このような会社で働きたいと思いました。
  • 職員の方々との距離感が近く、いろいろなお話を直接伺うことができて良かったです。体験ワークを含めて、さまざまな場面でとても親身に接してくださり、明治安田生命で働く人の優しさや温かさを感じることができる5日間でした。
  • 実際に営業の最前線で働いてきた人達の話を聞いて自分の働く姿を想像するきっかけになりました。
  • アフターフォローの仕組みが整備されていて、お客さま第一の視点で業務が行なわれていると感じました。職員の方お一人おひとりが、お客さまの視点に立ち、感動を生み出すために尽力されていることに、大変魅力を感じました。
  • グループワークを通じて、他の参加者はもちろん職員の方々からもご意見やアドバイスをいただくなかで自分とは異なる考え方を知ることができ、とても有意義でした。仕事に向きあう姿勢など、新たな発見ができました。
PAGE TOP